皆さんは初午(はつうま)をご存じですか?

初午とは五穀豊穣、商売繁盛などの守護神として広く親しまれている各地の稲荷神社の縁日で、春の豊作祈願が原型とされています。

 現在は新暦2月の最初の午の日に行われていますが、本来は旧暦2月の最初の午の日で、元は春先の行事でした。なぜ、この日になったかというと、全国の稲荷神社の総本宮である京都の伏見稲荷大社に祭神が降臨したのが和銅4年(711年)2月11日とされ、この日が初午の日だったことに由来しています。

 この日、全国各地の稲荷神社では「正一位稲荷大明神」と書かれたのぼりを立てて、赤飯や油揚げ、お団子などをお供えして祝います。

 2月の2回目の午の日を二の午、3回目を三の午といい、これらの日にも祭礼を行う地方や、二の午、もしくは三の午にのみ祭礼を行う地方もあるようです。

午の日

(長門屋店主 笹林 修) 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)