今回は鏡開きのお話です。まず、鏡餅は何なのかというと「歳神(としがみ)」様に対するお供え物です。そしてその形には色々な意味が込められているのです。

 鏡餅の形は、元は「三種の神器」が淵源(えんげん)とされ、橙(だいだい・柑橘類)、御幣(ごへい・白紙の紙を折った物)、譲葉(ゆずりは・餅の下に敷く葉)、裏白(うらじろ・シダの葉)、海老、扇などをあしらい、四方を赤く縁取った四方紅に乗せて飾ります。

 橙は長く木から落ちないことから長寿を、御幣は繁盛、譲葉は子孫繁栄の願いが込められているとか。つまり、鏡餅というものは古来、私たちの生活と密接に関わり合ってきた存在なのでしょう。

 そして、1月11日が「鏡開き」の日。実際にはお餅も切るのですが、武家社会では切腹につながる「切る」という言葉は禁忌(きんき)とされ、「運を開く」という意味を込めてこう呼び習わしたそうです。 

鏡餅

長門屋店主 笹林 修

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)