五月五日に、男子の健やかな成長を祝い、祈る日本の風習です。五節句の一つである端午(たんご)の節句を指します。また、菖蒲(しょうぶ)の節句ともいいます。元々「端午」とは、月の始めの牛の日のことでした。旧暦では、五月が牛の月にあたり、この月の最初の牛の日を節句として祝っていましたが、後に、奇数の月番号と日番号が重なる五月五日が「端午の節句」となりました。

 元々日本では、皐月(さつき)()みという女性の風習だったものが、中国から伝わった端午と結び付けられ、鎌倉時代頃から「菖蒲(しょうぶ)」が「尚武(しょうぶ)」と同じ読みである事や菖蒲の葉が剣の形を連想させる事から、端午は男子の節句とされ、男子の成長を祝い健康を祈るようになりました。

(よろい)(かぶと)には男子の身体を守るという意味合いが込められています。鯉幟(こいのぼり)皐月(さつき)(のぼり)とも言う)を立てる風習は中国の後漢書による故事(こじ)(ちな)んでおり、江戸時代には武家で武士の子弟の立身出世(りっしんしゅっせ)を祈願して家庭の庭先に鯉の形に模して作った(のぼり)がかざられていた。鯉幟の吹流しの五色は五行説(古代中国に端を発する自然哲学の思想)に由来しています。端午の日には(ちまき)柏餅(かしわもち)を食べる風習がありますが、柏餅を食べるのは日本独特の風習です。柏は新芽が出るまで古い葉が落ちない事から「家系が絶えない」縁起物として広まっていきました。

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)