お香の日とは、一九九二年四月に、全国薫物線香組合協議会が制定した記念日で、毎年四月十八日をさします。

 何故、四月十八日をお香の日と指定したかというと、

日本書紀に「推古天皇三年(五九五年)四月に一抱(ひとかか)えもある大きな(じん)(すい)香木(こうぼく)沈香(じんこう))が淡路島に漂着し、島人がそれと知らず(かまど)に入れ薪とともに燃やしたところ、その煙が遠くまで薫り、これを不思議な事としてこの木を朝廷に献上した」と記されています。この日本書紀のエピソードがお香に関する最古の記述です。

沈水香木の伝来四月と、「香」の字を分解した「一十八日」をあわせて四月十八日を、「お香の日」として制定しました。

 古来、お香を焚くということはその場所を清め、自分自身を清めるためでした。香りを(たの)しむことで、心を豊にし、安定させる効果があります。

新生活をスタートさせた皆さん、日々の生活に、香りを取り入れ、気持ちをリラックス・リフレッシュさせる時間を作ってみてはいかがですか。

お香の日

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)