「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるようにお彼岸はちょうど季節の変わり目です。この時期は、作物を育てる太陽と自分たちを守るご先祖神への信仰という土着の信仰が仏教伝来以前からあり、春分には豊穣(ほうじょう)を祈り、秋分には収穫に感謝して供え物をしたことが原型と考えられます。

仏教が伝来すると、春分・秋分がそれぞれ彼岸の中日にあたることもあり、仏教の習俗と古来の風習が混交(こんこう)して他国には見られない日本独特の仏教行事となりました。

阿弥陀仏の極楽浄土は「西」にあるとされ「西方(さいほう)浄土(じょうど)」と呼ぶことがありそのため、真西に太陽が沈む春分の日、秋分の日は夕日が極楽浄土への道標(みちしるべ)となると考えられたのです。この沈む太陽が示す極楽浄土への道を「(びゃく)(どう)」といい、仏の示してくれたこの(びゃく)(どう)を信じて進めば必ず極楽浄土に至るという信仰が生まれました。浄土思想が盛んになるのと同時に広がってゆき、現在に至っています。

「彼岸」とだけ言った場合これは、「春の彼岸」を指します。秋の彼岸は「秋彼岸」または「後の彼岸」と言うのが本当です。

春分・秋分は祝日です。『国民の祝日に関する法律』によると、「春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、「秋分の日」は「先祖をうやまい、亡くなった人をしのぶ」と書かれています。特に秋分の日の趣旨(しゅし)は、まさに現在の彼岸そのものです。

今日ある自分を育ててくれた先祖に感謝し、自らも彼岸に到達できるように精進することが進められている日です。

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)