さる5月5日はこどもの日。現在では女の子を含め子どもの成長を願う国民の祝日ですが、その由縁は五節句のひとつ「端午(たんご)の節句」です。

 端午の節句は古代中国で菖蒲(しょうぶ)酒で邪気をはらう行事が日本に伝わったもの。菖蒲が武事を重んじる「尚武(しょうぶ)」に通じることから武家社会に広がり、その後、男の子の成長を願う行事として庶民にも定着しました。

 ところで五節句をご存知でしょうか?いずれも端午の節句のように中国から伝わり、それが日本の文化・風習と結びついた節目の日で、定めたのは江戸幕府です。

 まず正月7日の「人日(じんじつ)」。江戸時代は七草粥を食べて祝いました。3月3日が「上巳(じょうし)の節句」。雛祭(ひなまつり)として定着し、女の子の節句とされました。

 7月7日は「七夕(しちせき)の節句」。ご存知のように七夕(たなばた)祭りが行われ、笹の節句とも呼ばれています。9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」。庶民にはあまり定着していませんが、菊の節句とされ、宮中では最も重要な節句だとか。  (長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)