6月21日は夏至。1年で昼が1番長い日で、夏至を過ぎると本格的な夏が始まります。

 そもそも夏至とは旧暦の二十四節気のひとつ。二十四節気とは1年を24等分し、それぞれの季節にふさわしい名を付けたもの。「立春」「立夏」「立秋」「立冬」「啓蟄」「大寒」など。旧暦なので今の月日とはズレがありますが、季節感をうまく表しています。

 中国で月の動きをもとに作った太陰暦では1カ月が29日や30日になり、1年が短くなって月日と実際の季節が合わなくなります。そこで太陽の動きに合わせた24節気が作られました。

 日本にも伝わって長く旧暦として利用され、明治15年に太陽暦が導入されるまで使われてきました。
 
 最近では夏至の日に電気を消してろうそくで夜を過ごすキャンドルナイトが実施されていますが、これも自然や季節に合った旧暦につながっているのかも知れませんね。

(長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)