やまコミの読者のみなさん、お盆の意味をご存知ですか?

 お盆は親孝行の大切さを説いたお釈迦様の故事が始まりで、先祖の霊があの世から帰ってきて家族と一緒に過ごし、また戻っていく日本人のやさしい心の信仰が育てた行事です。

 もともとのお盆の時期は7月13日から16日の4日間ですが、明治時代の新暦になってこの期間は農家の人にとって一番忙しい時期に当たるので1カ月遅らせてゆっくりと先祖を供養しようということになり、多くの地方が8月盆や旧暦の7月15日ごろを中心とした旧盆を行っています。

  地方によって様々な形のお盆がありますが、一般には12日までに盆棚を作ってお供え物を準備し、13日の朝にキュウリの馬とナスの牛を盆棚に供えたうえで、線香やローソクを準備して午前中にお墓参りをすませます。夕方の迎え火で先祖の精霊を迎え、14~15日の「盆の中日」は家族や故人と親しい人で過ごします。16日の夕方に家の門口や玄関で精霊を送り火で送ります。伝統のお盆を家族一緒に過ごしてみませんか? 

(長門屋店主 笹林 修)

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)