中秋の名月といえばお月見。まん丸のお月様を愛でながら団子を食す、なんて風流ですよね。

 ところで名月と呼ばれるものには「中秋の名月」と約1カ月後の「後の月」の2つがあります。それぞれ「芋名月」「豆名月」と呼ばれます。芋と豆との違いはおそらく収穫の時期の違いから。お月見が収穫祭であった時代からの名残りでこの名前が付いたのでしょう。

 芋も豆もどちらも丸い作物という意味では同じですが、出来る時期としては芋の方が豆よりちょっと早いということでしょうか。

 ただ「芋名月」「豆名月」の別称は全国同じだと思っていたら、どうやら違うようです。例えば米沢や上山では日付は同じでも呼び方が逆転しているそうです。理由は不明ですが、地域による違いって興味深いですよね。

 ススキを飾って月見団子やお酒、里芋、枝豆、栗などを供え月見を楽しむとともに、秋の収穫に感謝したいものです。 

(長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)