七五三とは子供の成長を祝う年中行事です。

男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳の年の十一月十五日に成長を祝って神社・寺などに詣でます。本来は数え年ですが、現在は、満年齢で行われる場合が多いようです。地方によっては男の子の三歳を行わない所もあります。

七五三は、三歳の『髪置(かみおき)』、五歳の『(はかま)()』、七歳の『帯解(おびとき)紐落(ひもおとし)』など、江戸時代からみられる風習に由来しています。中国で祝い事に用いる数(陽の数)とした中国の思想の影響でもある。

千歳(ちとせ)(あめ)は、親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなっており、縁起の良い紅白で作られています。江戸時代の元禄・宝永の頃、浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりとされています。

何故十一月十五日かというと、旧暦の十五日は、二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事も吉であるとされていたからです。また、旧暦の十一月は収穫を終えて実りを神に感謝する月でもあり、その月の満月の日である十五日に氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになりました。七五三の風習が盛んになったのは、『七五三』の名称が成立した明治以後です。

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)