七五三は11月、11月は陰暦で霜月。霜が降りるほど寒い季節に子どもを連れてお参りできるということは、それだけ子どもが元気に成長している証ということです。

 男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に成長を祝って神社や寺院に詣でます。なぜこの日かというと、旧暦の15日は28宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事にも縁起が良い吉日とされていたからです。

 また11月は収穫を終えて実りを神に感謝する月でもあり、その月の満月である15日に氏神に対し収穫の感謝とあわせて子どもの成長を感謝し、加護を祈るようになったといわれています。

 現在は七五三の目的も子どもの成長を祝うことにウエイトが置かれているようです。ちなみに、よく知られた童謡の「とおりゃんせ」は七五三のお祝いに天神様にお札を納める模様を謡った歌のようです。

   (長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)