旧暦では、毎月の最終日を『晦日(みそか)』『つごもり』といい、一年で最後の晦日を『大晦日(おおみそか)』『大つごもり』といいます。『つごもり』は、晦日の別名であり『月隠(つきごも)り』が(なま)ったものです。

大晦日は、あたらしい年の穀物に実をもたらし、私たちに命(年)を与えてくれる歳神様を(まつ)るという意味があります。年越しの夜のことを『除夜(じょや)』とも言います。

仏教の浸透とともに、除夜の鐘をつく習慣も生まれました。鐘をつくことで煩悩(ぼんのう)を一つ一つ取り除いて、清らかな心で正月を迎えようというわけです。一〇八のうち最後の一回は、年が明けてから突きます。これは、今年一年煩悩に(まど)わされないようにという意味が込められています。

大晦日の風物詩である年越し蕎麦の習慣は、江戸時代中期から食べられるようになりました。蕎麦の麺の如く長生きできるように、家運がのびるようになどの願いが込められています。逆に細く切れやすいことから一年の苦労や厄災を年内に断ち切ってしまおうという説や年越し蕎麦を残すと金運に恵まれないという説もあります。

年越しにそば以外の麺類の方もいると思いますが、今年の大晦日は、お蕎麦を食べて年越しを迎えてみませんか。

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)