明けましておめでとうございます。読者の皆様はどんなお正月を過ごされたでしょうか。今回は「左義長」についてのお話です。聞きなれない言葉ですが、「どんと祭」「お柴灯(さいとう)」といえばピンとこられるのではないでしょうか。

 小正月(1月15日)に行われる火祭りで、お正月に使った門松や注連縄(しめなわ)、破魔矢(はまや)、祈願成就した達磨(だるま)などを持ち寄って焼き、その火にあたったり、餅を焼いて食べて無病息災を願う行事です。起源は諸説ありますが、宮中の庭で扇子や短冊などを焼いた火祭りの儀式が民間に広まったという説が有力です。

 近年は環境問題の観点からダイオキシンが発生する塩化ビニール類、プラスチック類は取り除く必要がありますので要注意。また達磨の持込みを受け付けていない場所もあるので事前に確認した方がいいでしょう。 

 (長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)