二月最初の午の日。稲荷社の縁日で雑節の一つでもありました。本来は、旧暦の二月の最初の午の日を指していましたが、現在では、新暦の二月の最初の午の日とされています。また、古来は、立春以降の最初の午の日に行われていまいした。今年は二月一日が初午となっています。農耕を司る宇迦之(うかの)御魂(みたまの)大神(おおかみ)を祀って五穀豊穣や福徳を祈願していましたが、現在では産業全般の神として信仰されています。

初午の日には、赤飯や油揚げ、団子などを供え祀ります。

 なぜこの日なのかというと、七一一年(和銅四年)二月の初牛の日に京都の伏見稲荷の祭神が降臨されたと伏見稲荷縁起に記されていることからこの日が稲荷祭りになったといわれています。

稲荷の名は、『稲生り』『稲成る』から来たとういう説があり、稲生・稲成とする神社も存在します。

 神仏習合思想においては仏教における荼枳(ダキ)()天が本地とされ、仏教系の稲荷社は荼枳(ダキ)()天、神道系の稲荷社は宇迦之(うかの)御魂(みたまの)大神(おおかみ)となった。

 宇迦之(うかの)御魂(みたまの)大神(おおかみ)は別名御饌津(みつけ)(かみ)とも言い。狐の古名を『つけ』と言い、御饌津(みつけ)(かみ)を「三狐神」と解して、狐は稲荷神の使い、あるいは眷属(けんぞく)とした。仏教系の神である荼枳(ダキ)()天は(きん)()銀狐(ぎんこ)という眷属を持ち、神道系の神である宇迦之(うかの)御魂(みたまの)大神(おおかみ)(びゃ)(っこ)(せき)()が眷属となります。

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)