お水取りが終わると奈良に春が訪れるといわれるほど古くから奈良の人々に親しまれている行事です。

『お水取り』とは、東大寺二月堂で三月一日から十四日まで行われる『修二会(しゅにえかい)』の中の行法の一つで十二日の深夜、本尊に備える『香水(こうず)』という霊水を汲み上げることからそう呼ばれていましたが、いつしか『修二会』=『お水取り』となりました。

本尊十一面観音の功徳をたたえ、人間の罪と(けが)れを懺悔(ざんげ)することが目的とされています。

十一人の僧侶が出任する。この僧侶を『(れん)(ぎょう)(しゅう)』といいます。本行にそなえ二月二十日から戒壇院の別火坊にこもり精進潔斎をします。

三月一日から本行が始まります。修二会のシンボルのような行に火の付いた松明を振り回す『お松明』があります。この火の粉を浴びると健康になる、幸せになると信じられていて、また燃えかすを持って帰って護符代わりにする信者も多いそうです。

三月十二日の真夜中(十三日の早朝、三時頃)に本尊お供えする『香水』を汲み上げ本尊に供え『修二会』が終わる。修二会は水の祭りであり、火の祭りでもある。

東大寺の『お水取り』に先がけて、行われる神事がありますそれが『お水送り』です。この『お水送り』が行われるのが福井県小浜市の神宮寺と遠敷(おにゅう)(がわ)()()で厳かに繰り広げられます。若狭小浜の鵜の瀬から送られ、十日かって東大寺二月堂の『若狭井(閼伽(あか)井屋(いや))』に届くとされています。

 十日は早すぎますが、小浜から奈良の東大寺まで『香水』が届くと考えると壮大な浪漫が感じられます。

 

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)