春分は二十四節気のひとつで、「春分の日」として国民の祝日になっています。祝日法では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨とし、一九四七年までは春季皇霊祭という祭日でした。生まれた土地の守護神(産土神)を祀る日として氏子が氏神たる神社に参詣して五穀豊穣を祈り、感謝する風習がありました。

 春分の日はしばしば昼と夜の長さが同じになるとされますが、実際は昼の方が長いのです。この日を境に夏至まで昼間が徐々に長くなり、夜が短くなっていきます。春分の日をはさんで前後七日間が春の彼岸です。初日は彼岸の入り、中心の日(春分の日)を中日(ちゅうにち)、最後の日を彼岸明けといっています。

 各宗派ではこの日に「春季彼岸会」が行われます。また宗派問わず墓参りをする人も多く、寺参りや墓参りをして家庭では仏壇を清め、亡き人を供養します。

 (長門屋店主 笹林 修) 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)