七福神とは福をもたらすとして日本で信仰されている神です。室町時代に画題の竹林の七賢人になぞらえて七体の福神を取りそろえたのがはじまりとされています。福禄寿と寿老人はもともと同じ神であったとされるので、どちらか一方の名前でまとめられていた時期があり、想像上の動物である猿に似た猩々(しょうじょう)が代わりに入っていたこともありました。また、最初の頃には、弁才天の代わりに吉祥天が入っていたこともあったようです。

七福神

() () 寿()…古くは漁業の神であり時代とともに「商売繁盛・五穀豊穣」をもたらす商業や農業の神となった。日本古来の唯一の福の神。留守神でもある。

大 黒 天…インドのヒンドゥー教のシバ神と日本古来の大国主命が習合。食物、財福を司る神。

毘沙門天(多聞天)…インド武将の四天王の一人。武力で悪を払ってくれる。特に勝負事に利益があるとされる神。

() () ()…紅一点で美人の代名詞。元はヒンドゥー教の水の女神。仲の良い恋人同士が弁才天にお参りすると弁才天が嫉妬して不仲にしてしまうとも言われている。

福 禄 寿…道教の神で南極星の化身の老子。寿老人の別名または同一神とされる。人徳や寿命に関して御利益がある。

寿 老 人…道教の神で南極星の化身の老子。長寿と知恵の神。寿老人の連れている鹿の肉を食べると二千年生きられるとされている。

布 袋 …唐の末期に実在したといわれる仏教の僧、(しゃく)(かい)()がモデル。広い度量や円満な人格、また富貴繁栄を司り、持っている袋は「堪忍袋」ともみなされている。

 

七福神といえば宝船ですが何故宝船かというと、中国の貧乏神を舟に乗せて流すという厄払い「送窮(そうきゅう)」の風習が日本に伝わり災いを送った後には、福が来てほしいという願いから、福神を乗せた宝船が生まれたと考えられます。その宝船には回文『長き世(永き世)の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り船の 音のよき哉』と書かれていますが、どのような経緯で添えられるようになったかははっきりと分かっていません。

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)