新しい年度がスタートし、もうすぐ桜が咲く時期になりました。今回は「花まつり」のお話です。

 キリストが生まれたクリスマスの12月25日は皆さんよくご存知だと思いますが、4月8日はどうでしょう? 

 実は仏教の開祖、お釈迦様(しゃかさま)が生まれた日なのです。「花まつり」とはお釈迦様の誕生を祝福する行事で仏教の三大行事のひとつに数えられています。

 色とりどりの花で飾ったお堂(花御堂・はなみどう)の中に甘茶の入った水盤を置き、お釈迦様の「誕生仏(たんじょうぶつ)」を祀ります。そして誕生仏の頭からひしゃくで甘茶を注いでお参りします。花御堂はお釈迦様の生まれたルンビニ園の花園、甘茶は天竜が降らした甘露の雨を表しています。

 花まつりはインドや中国で古くから行われてきた行事で、お釈迦様の誕生を祝うとともに、子どもたちがすくすくと育つことを祈る行事でもあります。

(長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)