6月といってまず思い浮かぶのは「衣替え」です。学校や職場での衣替えは風物詩のようにテレビや新聞で報じられますが、この風習、いつごろから行われるようになったかご存知でしたか?

 起源は平安時代の宮中にさかのぼるとされています。ただ当時は旧暦の4月1日と10月1日に行われていました。装束だけでなく調度品なども改めていたようです。

 その後、時代が進んで江戸時代の武家社会になると、武士たちは4月1日から裏地付きの着物である袷(あわせ)、5月5日からは裏地なしの単衣仕立ての帷子(かたびら)、9月1日からは再び袷、そして9月9日からは綿入れの着用を定められていたのだとか。何と年4回も衣替えをしていたのですね。

 現在のように衣替えの時期が6月と10月の年2回になったのは明治以降。日々の忙しさに追われていると忘れがちですが、四季のある日本の風土を感じられる風習のひとつではないでしょうか。

(長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)