お盆の正式名称は『盂蘭盆会(うらぼんえ)』と言います。

盂蘭盆会とはサンスクリット語の『ウラバンナ』を漢字で音写したものです。『逆さ吊り』という意味です。転じて『逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要』という意味になります。元々日本人が持ち合わせていた先祖に感謝する先祖崇拝の心と地獄の苦しみを受けている人々をその苦しみから救いたいという仏教の心が結びついて出来た行事なのです。日本では、推古天皇(六〇六年)の時代にお盆の行事が行われたと伝えられています。

七月または八月の十三日の『迎え盆』から十六日の『送り盆』までの四日間をお盆としています。

十三日の夕方に迎え火を焚き、精霊に戻る家の場所を伝えます。十四・十五日は仏壇にお供え物をして精霊を供養します。十六日の夜には送り火を焚き、再び帰り道を照らし精霊を送り出します。また、ご先祖様が早く来てくれるようにと『胡瓜(きゅうり)の馬』と名残惜しいですが『茄子(なす)の牛』に乗ってゆっくりお帰りくださいと茄子や胡瓜で作った牛や馬を供えます。

お盆の行事も、各地の風習などが加わったり、宗派によって、あるいは、時代によってさまざまに形を変えながら伝えられてきましたが、一般的にご先祖様の霊(精霊)が帰って来ると考えられています。

親族が一同に会し、先祖や故人を偲び、今日ある自分を顧みるというお盆の根幹にある理念は未来永劫変わらないことでしょう。

お盆は、普段、あまりお仏壇の前で手を合わせる事のない方やなかなかお墓参りに行けない方もお線香を手向け、日頃の感謝の気持ちをご先祖様に伝えるいい機会です。

ご先祖様に報恩感謝を捧げてみてはいかがでしょう。

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)