8月といえばお盆が始まります。お盆は古代インドで始まった仏教行事で、中国を経て日本に渡来したとされています。

 日本で行われているお盆の行事は各地の風習や宗派の違いがあって様々ですが、一般的な時期は8月13日から16日までの4日間。初日の13日を「迎え火」と呼び、ホオズキ、キュウリ、ナスなどでご先祖様が家に帰ってくるための準備をします。

 ホオズキは漢字では「鬼灯」と書かれ、ご先祖様の霊を導く提灯に見立てられます。

 楊枝で足をつけたキュウリとナスは「精霊馬」と呼ばれ、キュウリは馬、ナスは牛を表しています。その意味はご先祖様がこの世に帰ってくるのは馬に乗って早く、あの世に戻る時は牛に乗ってゆっくりと、という願いが込められているようです。

 準備が整ったら家族でお墓参りに行き、ご先祖様をお迎えです。ご先祖様に16日の「送り火」までゆったりくつろいでもらいましょう。

 お盆のような古くからの伝統行事は家族や地域で大切に守っていきたいものですね。

   (長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)