お彼岸というと季節の言葉の様な気がしますが、仏教の言葉なのです。私たちが住む迷いの多い現実世界を『()(がん)』といい煩悩を脱した悟りの境地のことを『彼岸(ひがん)』と言います。

『此岸』から『彼岸』に渡る努力をする修養期間を春と秋に設け、それを『彼岸会』と言います。平安時代に始まった日本独特の仏教行事です。

 春分・秋分の日は昼と夜の長さが等分、太陽が真東から出て真西に沈む。これを仏教の基本教理である中道に見立て春分・秋分の日の中日の前三日後三日を菩薩の修業である菩薩道を表す『六波羅蜜(ろくはらみつ)』に割り振っています。

『六波羅蜜』とは、菩薩が修めなくてはならない六つの実践徳目のことで「六度」とも呼ばれています。「布施(ふせ)…分け与えること」「持戒(じかい)…戒律を守ること」「忍辱(にんにく)…耐え忍ぶこと」「精進(しょうじん)…努力すること」「禅定(ぜんじょう)…心を安定させること」「智慧(ちえ)…本源的な智慧を発現させること」の六つです。

 よくお寺で『檀家(だんか)さん』という言葉を耳にしますがこれは「布施」の別名「檀那(だんな)」のことを指しています。経済的な援助(布施)をする人を「檀那(様)」と言います。この「檀那」の人達の家族を『檀家』と呼んでいるのです。

 

『此岸』と『彼岸』の間には三途の川が流れています。三途の川といのは水が流れている川ではなく、「(とん)」(むさぼり)「(じん)」(いかり)「()」(おろかさ)の三毒が流れている川という解釈があります。この三毒を消滅させ悟りの『彼岸』に達するには『六波羅蜜』を修業する以外ないのです。

 一般的に三途の渡し賃として六文銭を亡くなった人に持たせますが、この六文銭は『六波羅蜜』に見立てているのです。

 余談ですが、彼岸花(曼珠沙華(まんじゅしゃげ))の名は、秋の彼岸頃から開花する事に由来しています。別の説にはこれを食べたら「彼岸(死)」しかないというのもあります。それは、アルカロイドを多く含む有毒植物だからです。

お彼岸

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)