毎年11月になるとテレビや新聞などのニュースで見かけるのが「酉の市」。例年11月の酉の日(今年は7日と19日)に各地の鷲(おおとり)神社で行われる祭礼です。鷲神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰されてきました。

 酉の市の縁起物といえばおかめや小判などの飾り物をつけた色鮮やかな熊手です。この熊手は鷲(わし)が爪で獲物をしっかり捕らえることになぞらえ、富や幸運を取り込むという縁起を担いだものだそうです。山形市では23日に湯殿山神社で熊手市が立ちます。

 昔から「3の酉のある年は火事が多い」と言われます。具体的な由縁は分かりませんが、11月といえば寒さも厳しくなり始める季節。暖房として火を使うことも多く、火の始末がおろそかにならないようにという戒めがこめられているのでしょう。ちなみに来年の11月は3の酉がある年です。

 今年もいっぱい運を取り込んでいい年を迎えたいものです。

 (長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)