新嘗祭(にいなめさい)』とは、天皇が、その年に収穫された五穀(米・麦・豆・(きび)(あわ)・または(ひえ))の新穀を天照大神をはじめとする神に供え作物の恵みに感謝し、自らも食す儀式でした。解りやすく言うと一年の収穫感謝の祭りです。

農業国家である日本は、古くから五穀の収穫を祝う風習があり、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから大事な行事として飛鳥時代(皇極天皇)の律令制度の下に十一月の二番目の卯の日に新嘗祭を行っていた。天皇が即位した最初の新嘗祭を大嘗祭(おおなめさい)と呼び天皇の即位を天下に知らしめる行事として特に大々的に行われていた。

一時中断されていたが元禄時代(東山天皇)に復活し現在にいたる。

一八七三年(明治)太陽暦採用後は十一月の二十三日に定められ国民の祝日となりました。一九四八年(昭和二十三年)より勤労感謝の日と名を変え「労働をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう」日となりました。

今では、どの神社でも勤労感謝の日に新嘗祭を行っています。皇居でも宮中三殿の近くにある(しん)()殿(でん)にて執り行われています。

新嘗祭

 

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)