小正月に行われる火祭りの行事を言います。日本全国で広く見られる風習です。

一月十四日の夜か十五日の朝に、刈り取った後の残る田などに長い竹を三四本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連縄(しめなわ)飾り、書初めで書いたものを持ち寄って焼く。寺社の境内、道祖神(どうそじん)のそばや河原などで行われています。

“どんと焼き”“(さい)の神”など地方によって呼び方が違います。

「サギチョウ」というのは平安時代の宮中で青竹を束ねて立て毬杖三本を結び、扇子や短冊などを添え、陰陽師が謡いはやしながらこれを焼いたという「三毬打(さぎちょう)()()(ちょう))」の行事があり、陰陽師によってその年の吉凶などを占ったとされています。「三毬打(さぎちょう)」がどうして現在一般的な「()()(ちょう)」の字が当てられたのかは不明です。

 多くの土地では、火にあたると丈夫になるとか、その火で焼いた餅を食べると病気をしないとか書初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すと言われていますが。これらは、火の信仰が伝承されているためだと思われる。

なお、中心の二方向から引っ張ったり、あるいは燃えながら倒れた方向によって作柄(さくがら)を占う、(とし)(うら)的な意味を持つ地方もある。

 民俗学的な見地からは、門松や注連縄飾りによって出迎えた歳神を、それを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。 

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)