明けましておめでとうございます。読者の皆さんはどんなお正月を過ごされたでしょうか。今回は干支のお話しです。

 一般に干支といえば十二支を連想される方が多いかと思いますが、厳密には十干(じっかん)と十二支の組み合わせたものです。

 作られたのは今から3000年以上前の紀元前15世紀ごろ、古代中国の殷(いん)の時代とされ、日付を記録するのに利用されていたようです。

 ご存じのように十二支は十二種類の動物が毎年交代でその年の動物になるというものです。なぜ動物かというと字が読めない人たちにも覚えやすいよう動物を配置したそうです。

 日本に伝わったのは飛鳥時代以前といわれています。現在では雑節や二十四節気と結びついて各地で様々な行事が行われており、代表的なものに「初午(はつうま)」「土用丑(どよううし)の日」「酉(とり)の市」などがあります。

 ちなみに干支は中国と日本だけでなくタイ、モンゴル、東ヨーロッパにもあります。タイでは卯(う)(兎・うさぎ)は猫、亥(い)(猪・いのしし)は豚で、モンゴルでは寅(虎)が豹になるとか。

 今年は兎年。みなさんも飛躍の年になりますように。 

 (長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)