桃の節句とは、五節句の一つです。もともとは、「上巳(じょうし)の節句」と言われました。中国の三国時代、()の国で、現在の三月三日に固定された。「三」が重なることから「(ちょう)(さん)の節句」とも言われます。

 古来中国では、上巳(じょうし)の日(三月上旬の巳の日)に川で身を清め不浄を(はら)う習慣がありました。この習慣が、平安時代には、紙製の小さな形代(かたしろ)を作りそれで体をなで(けが)れを移し、川や海に流して災厄(さいやく)を祓う日本独特の祭礼(さいれい)になりました。この風習は、現在でも「流し雛」として残っています。

 「雛遊び」として公家(くげ)の子女が遊ぶままごとが「ひな祭り」の始まりとされています。(雛人形を川に流すことなく家に飾ることが主となったのは室町時代頃といわれています。)

「節句を過ぎたら雛人形を早く片付けないと婚期を逃す」といわれますが、「早く片付けないとよくないことが起こる」という考えには理由があります。

ひな祭りのルーツは、形代に身の穢れを移してこれを、流し穢れを祓ったその形代です。本来なら、穢れを移し流すことによって穢れを祓い、災いを遠ざけたのですから、その人形をいつまでも飾っておくことは、穢れと(わざわい)をいつまでも身近におくのと同じです。ですから、早くしまわなければならないと考えられたわけです。女の子のお祝いということなので「禍=婚期をのがす」という

考えなのでしょうか?大きなお世話と考えるのは、今の時代に生きているからでしょうね。

桃の節供

 

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)