仏教では春分の日と秋分の日を中日(なかび)とする前後七日間を「お彼岸」とし、各寺院では法会が行われ多くの人がお墓参りをします。

 一方、神社で「お彼岸」に相当するのが雑節のひとつ「社日」で、産土神(うぶすながみ)を祀る日としています。文字通り春は春社(はるしゃ)、秋は秋社(あきしゃ)で、春分の日、秋分の日に相当する「戊(つちのえ)」の日が社日です。

 「戊」には「土」の意味があり、春は五穀の種を奉納して豊作を祈願し、秋は収穫した作物を供えて感謝するのが慣わしです。

 ちなみに今年の春社は3月19日、秋社は9月20日です。

 社日は古代中国に由来し、社とは土地の守護神、土地の神を意味します。ですから、この日に土をいじる、掘り起こすなどの行為を慎む風習もあるようです。

 ご先祖様だけでなく、その土地の産土神(守護神)へ参拝してみてはいかがでしょう。 

(長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)