毎年この時期になると4月8日の「花まつり」のお話をさせていただいています。

 花まつりはお釈迦(しゃか)様の誕生日。色とりどりの花で飾った花御堂(はなみどう)の中に甘茶の入った水盤(すいばん)を置き、お釈迦様の「誕生仏」を祀(まつ)ります。そして誕生仏の頭から柄杓(ひしゃく)で甘茶を注いでお参りします。

 生まれたばかりのお釈迦様が立ち上がり、天と地を指差して「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」とおっしゃったのは人口に膾炙(かいしゃ)していますが、この意味を「天の上にも地の下にも私よりエライ奴はいない」と誤解しておられる人が多いようです。

 正しくは「人間や動物、虫、草木に至るまでこの世界に生きるすべてのものの生命を尊ばねばならない」という意味なのです。 

 花まつりはお釈迦様の誕生をお祝いする日であるとともに、私たち一人ひとりのかけがえのない生命を感じ、幸せを願う日でもあるのです。 

 (長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)