神社には必ずある『鳥居』…さて、「何のためにあるの?」

 『鳥居』とは神域と人間が住む俗界を分ける結界、神域への入り口を示す一種の「門」と考えられています。

 『鳥居』の起源については諸説ありますが、天照大神を天岩戸から誘い出すために「常世長鳴鳥(鶏)」を止まらせた止まり木が鳥居の始まりというのが一般的に知られている説ではないでしょうか。語源も諸説あり鶏の止まり木を意味する「鶏居」「通り入る」が転じたとする説など様々あります。
 材料も様々で、木材で造られた「木鳥居」、石で造られた「石鳥居」、銅版で全体を葺いた「金鳥居」などがあります。最近では、鉄パイプ、鉄筋コンクリートで造られたものもあります。このほかの材料で造られているものもあります。
 形状は、左右の柱の上に「笠木」と呼ばれる横木と、その下に「貫」と呼ばれる横木があるのが基本です。形状や飾りによって細かく種類が分かれます。基本的な形を「神明系鳥居」といいます。また、笠木の下に「島木」と呼ばれる横木があるものを「明神系鳥居」といいます。明神系の鳥居は、笠木が反り、貫が柱を貫通しています。神明系の鳥居の笠木は反らず、貫が柱を貫通しません。ということは、神社の地図記号は神明系の鳥居ですかね。
  現存最古の鳥居としては、山形市元木・蔵王成沢・天童市青池に残されている三基の石造りの鳥居が有名です。三基とも凝灰岩で造られています。
 新緑の季節、身近な神社の鳥居巡りをしてみてはいかがでしょう?
視点を変えるだけで普段何気なく見ていたものに新たな発見が生まれるかもしれません。
 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)