生きているうちに建てるお墓(生前墓)のことを「寿陵墓」といいます。古来中国では寿陵墓を建てることが長寿を授かる縁起の良いこととされていたようです。

 中国を淵源とする寿陵墓ですが、「日本書紀」、「聖徳太子伝暦」などの記述によれば、今から1300年以上前に聖徳太子や蘇我入鹿も生前に自分の墓を作ったとされています。

 最近では、日本でも元気なうちに自分の墓を用意する人が増えています。縁起を担ぐだけではなく、「子供に負担をかけたくない」、「自分の気に入った場所、石材、墓名碑を選びたい」という人が寿陵墓を建てているようです。

 ちなみに、寿陵の「寿」という文字は長寿、長命など命を長らえるという意味で使われます。そして「陵」は、みささぎと読み、中国では皇帝の墓という意味で使われてきました。日本でも天皇の墓を御陵と呼んでいます。

寿陵

(長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)