一般的に真理を悟ることや、コツをつかんだりすることを開眼(かいがん)するといいますが、仏教用語で、新しい仏像や仏壇、お墓などに魂を入れることを開眼(かいげん)するといいます。

 その儀式のことを「開眼供養」といい、別名「入魂式」、「御魂(みたま)入れ」とも呼ばれています。お墓の場合は「お墓開き」ともいい、単なる石だった墓石はこの法要が済んで初めて礼拝の対象となります。お墓を改葬した場合も開眼供養を行います。

 開眼供養を行う時期に決まりはありませんが、お墓は新しい仏様のために建てることが多いので、四九日、百箇日、一周忌などの法要の時期に行うのが一般的です。親類縁者など参列者も出席しやすいからでしょう。生前にお墓を建てた場合は完成時に営みます。

 ちなみに、既存のお仏壇、お墓を買い換えたり処分する時は開眼供養とは反対に、魂を抜く「撥遣供養(はっけんくよう)」を行います。

開眼

(長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)