神祭具

神棚では、塩、米(洗米)、水を白い陶器製の神具を使ってお供えします。また、榊立てやお酒を入れる平子などもあります。

最低限そろえておきたい神具

神棚を祀る際には以下の神具はそろえておくことが必要です。

  • 神鏡1個
  • かわらけ2枚
  • 榊立て1対
  • 平子1対
  • 水玉1個
  • もちろんお札

神具紹介

  • 神鏡

 神棚の中央扉の前や、神徒壇(神道さん用の仏壇)の中央扉の前に置きます。

  • 榊立て

榊を飾る花瓶。榊は最近では造花もあります。

  • 水玉

水を入れて神様にお供えする神具。

  • かわらけ

 水玉の両脇にそれぞれ米と塩を乗せて置きます。

  • 平子

お酒を入れてお供えする神具。

  • 三宝

 神饌(神様へお供えする供物)をあげる供物台。低いものから長方形のものまであります。

  • 真榊

 神棚の両脇に飾ります。左側には剣、右側には鏡と勾玉が飾られ、三種の神器を表しています。

 

  • 榊の葉

 

榊立てに入れて飾ります。写真は造花。

  • かがり火

 ろうそくを立てて飾ります。神棚はたいてい高いところにあるので、注意して灯してください。

  • 神前幕

 神棚の前に設置します。注連縄同様結界としての役割があります。お飾りするとぐっと体裁が良くなります。

 

Facebook

イベントカレンダー

2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―

タグクラウド

アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)