年間の季節を上手く言い表している二十四節気は、古代中国で生まれ、後に日本に伝えられました。太陽の一年の運行軌道を24に分け、それぞれ季節に特徴的な名前を付けて春夏秋冬に六つずつ配置したものです。

 10月は、寒露と霜降があります。寒露は秋も深まる10月8日頃。冷気で野草に宿る霜が冷たさを感じ、空を見上げると秋の清々しさも感じます。

 霜降は、10月23日頃で、早朝外に出ると霜が降りていたり、山では紅葉が始まったりします。家庭で暖房器具を準備したり、冬支度が始まるのもこの頃からです。

 実際に平野部で霜が降りるのはもう少し後ですが、農家にはこの寒露、霜降が季節推移の重要な指標なのです。

 二十四節気を知る事で、より季節の移ろいを感じる事が出来ます。自然を身近に感じるヒントとして覚えておいてはいかがでしょうか。

(長門屋店主 笹林修)

寒露霜降

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)