最近、お客様から「忌中」と「喪中」はどう違うのかという問い合わせを頂きました。結論から申せば、故人が亡くなって四十九日までが「忌中」、一周忌までが「喪中」です。

 喪に服すという言葉がありますが、これは一定期間日常生活において身を慎んで過ごすという意味。一定期間のうち死別した悲しみや死への恐れが強い時期が「忌」。悲しみや恐れから解放され始める時期が「喪」です。忌明け、つまり四十九日を終えて迎える初めてのお盆を「新盆」または、「初盆」といい、故人と身近だった人が集まって心を込めたご供養が行われる事は皆さんご存じだと思います。

 四十九日前にお盆を迎える場合は翌年が新盆になります。

 ちなみに、喪中期間の生活で心がける事は、慶事に関わらない、正月飾りや初詣はしない、お歳暮やお中元は控える等です。

(長門屋店主 笹林修)

忌中と喪中

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)