金仏壇

金仏壇(きんぶつだん)

 山形は金仏壇の産地の一つです。山形仏壇は通産省の伝統的工芸品にも認定されています。

 金仏壇は檜、杉、松などの材質に漆(天然・代用漆)を塗り重ねて、内部には金箔や金粉が施されている仏壇です。その荘厳さは寺院の縮小版といっても過言ではありません。

金仏壇は歴史も古く、さまざまな形式を持っています。京都で修行した仏師が全国に広がり、その地方でお仏壇を作ってきたからです。その地方の寺院や宗教思想の影響を受けて地方色豊かな仏壇が作られてきました。

当店では山形壇を初め各地の特色のある仏壇を展示しております。
(浜壇、金沢壇、京型壇、大阪壇、姫路壇など)

お仏壇

 

あなたがいるところ…「ありがとう」が言える場所ところ 

山形仏壇とは

 

 

 山形県は仏壇の産地です。

もともと村山盆地周辺の山麓地帯には漆樹が多く群生しており、早くから漆工業が栄えていました。そして江戸時代中期享保年間に仏壇の製作が始まり、明治に入ると木地・宮殿(くうでん)・彫刻・金具・蒔絵・箔押し・仕組みの7分業に分けられ量産されるようになりました。今では経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されています。

 

特徴

仏壇中央の宮殿柱に昇り龍・降り龍の巻龍をあしらい、表面は(けやき)貼りにするところに他には見られない特徴があります。

 

東と西、その他の見分け方

真宗大谷派(東)と 真宗本願寺派(西、その他)に分かれます。

  • 宮殿屋根・・・東は二重屋根、西、その他は一重屋根
  • 大柱・小柱・・・東は黒、西、その他は金箔
  • 欄干・・・東は朱、西、八宗は金箔

*その他とは「天台宗・真言宗・浄土宗・臨済宗・曹洞宗・ 日蓮宗」を指しています。

東西その他

尚、浄土真宗は仏具荘厳(飾り方)もありますので、お気軽にお問い合わせください。

Facebook

イベントカレンダー

2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―

タグクラウド

アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)