お知らせ

【庄内三十三観音巡礼用品】入荷しました

2018.05.07

IMG_1199 (1024x711).jpg

お客様よりお問合せを多数いただいておりました、【庄内三十三観音】の専用納経帳(ご朱印帳)と、ガイドブックを入荷いたしました。

庄内三十三観音霊場納経帖(ご朱印帳) ¥2,000(税込)

庄内札所三十三霊場巡り(ガイドブック) ¥1,000(税込)

IMG_1201 (1024x950).jpg IMG_1202 (1024x981).jpg

庄内三十三観音霊場納経帖(ご朱印帳)は、庄内三十三観音の札所が順番に記載され、おすがたとともに御朱印をいただくことができます。

IMG_1206 (1024x756).jpg IMG_1205 (1024x712).jpg

庄内札所三十三霊場巡り(ガイドブック)は、巡礼の心得や巡礼マップをはじめ、札所になっている寺院の紹介などがフルカラーで掲載されています。札所への理解を深めることによって、より充実した巡礼の旅になるのではないでしょうか。

 

「母の日まいり」しませんか?

2018.05.02

5月の第2日曜日は「母の日」。今年、平成30年の母の日は5/13です。母の日に亡きおかあさまのおまいりをなさいませんか?長門屋では、カーネーションの香りのお線香や、カーネーションをはじめ、色とりどりのお花の絵ろうそくを取り扱っております。墓前やお仏壇にカーネーションをお供えするのも素敵ですね。

IMG_1184 (1024x768).jpg

カーネーションの香りのお線香  各 ¥1,620(税込)
絵ろうそく(2本入) 各 ¥1,728(税込)

 

 

5月のおすすめ

2018.05.01

巡礼用品

観音様は、「世の人々の救いを求める声を聞き、それを救済する」といわれています。観音様をおまいりする観音巡礼は、県内はもちろん、全国に巡礼コースが設けられています。新緑の心地良い今の時期に、巡礼にお出かけになるのはいかがでしょうか。今年、平成30年は庄内三十三観音のご開帳です。その他、県内の置賜三十三観音、最上三十三観音など、どうぞ ご相談ください。

サムネ (975x1024).jpg

おいずり

¥2,484(税込)

すげ笠 ¥1,080(税込)
半袈裟

¥1,260(税込)

納め札(35枚入) ¥756(税込)~
朱印帳

¥1,944(税込)~

般若心経写経の会 2018.4

2018.05.01

花の季節になりました。庭では、白木蓮、梅、桜が咲き、プランターからもヒヤシンスやら、ムスカリやら、チューリップが花を咲かせ、色とりどりにお迎えしています。今回は、初参加の方3人を交えての写経の会でした。ひなた蔵は、早くも”端午の節句“のしつらえです。この春出会った一冊の本「にっぽんの歳時記ずかん」の中の”端午の節句“の頁を一緒に紹介させていただきました。

4-2.jpg

以前天童市旧東村山郡役所資料館でボランティアをなさっていて、今はご自宅でおひな様展を開かれている、今回初参加のTさんが、節句飾りの習わしや背景について、とても分かりやすくお話しして下さり、とても充実した時間になりました。ひとつひとつの飾りに、どんな歴史があり、それがなぜ飾られるようになったのかなどを理解出来ると、この本の通り「にっぽんの歳時記は、知れば知るほどおもしろいことばかり」で、日本に生まれたことが誇りになり、うれしく思えてきますね。

4-3.jpg   4-5.jpg

 4-4.jpg

 

(お膳の右上から時計回りで)

・つぼみ菜の黒胡麻和え

・なめこと豆腐のお吸い物

(刻みは大葉とみょうが)

・春キャベツときゅうりの一夜漬とたくわん

・お粥

・筍、きんかん揚げ、干椎茸、こんにゃく、結び昆布、人参、絹さやの煮しめ

(お膳の右上)いちご

(お膳の左上)ビスコッテイー2種…Sさんのお手製(桜の懐紙ともに沢山差し入れて

下さいました。感謝!!)

 

煮しめの筍は、埼玉の知人Iさんが自宅の竹林で掘って送ってくれたもの。筍には雄と雌があり、片方ばかり掘ってしまうと筍が絶えてしまうので、注意が必要なんですって。知らなかった~。

 

納入実例洗濯修理 大石田町T様

2018.04.08

2 (800x600).jpg before
1 (800x600) - コピー.jpg after

かわら版No.23掲載のお客様です。

【お客様の声】生まれた時からありきたりに見ていた仏壇の姿と、修復した後の仏壇の姿に、我が家にこんなすばらしいものがあったのだと家族皆心から思いました。改めてこの家に先祖が残してくれたもののありがたさ、感謝の気持ちとこの仏壇をこれからに伝えていく責任を感じました。今ままでは私と主人は働くことがメインで、家の中の事は父と母が中心に責任を持ってしていました。それをこの年になって、やっぱり仏壇というものを次の世代に伝えていくことの大切さを、この修復を通して父が私たちに伝えてくれたと思います。いつもあったものが、目に見えるカタチになって、それを心、精神として子供達、孫達に伝えていきたいと思います。(かわら版インタビューより娘さんのご感想抜粋)

3 (800x600).jpg

page-top