お知らせ

般若心経写経の会 2018.1

2018.03.31

1-1.jpg

新年から降り続いた雪で、敷地内はどこもかしこも真っ白です。おまけに今日は、殊更に冷え込み、ひなた蔵の水抜きしたはずの湯沸かし器が凍結して、朝から大騒ぎでした。(昼前に開通して事なきを得ましたが。)こんな足元の悪い中、写経の会には7名の方が参加して下さいました。ありがとうございます。

1-2.jpg

 新年初の、静かで真剣な写経の時間の後は、いつものようにひなた蔵へ。山形人の冬の定番料理と言える納豆汁の上には、芹と柚子の皮をのせました。Yさんの家の庭には柚子の木があるそうです。しかし、目的は柚子の実ではなく、“そこにアゲハ蝶が卵を産み幼虫が育つから”だそう。幼虫はオレンジの香りを放つのだそうです。今度、幼虫に出会ったら是非匂いを嗅いでみましょうね。

1-3.jpg

(右上から時計回りで)

・柿なます

・納豆汁の芹、柚子のっけ

・寒風菜とたくあん

・お粥

・揚げ高野豆腐のみたらしあんからめ
1-4.jpg おまけの、蒸し菓子「浮島」と千鳥の焼き菓子。

page-top