お知らせ

般若心経写経の会 2018.6

2018.07.13

6-1.jpg

入梅まであと少し。庭では、つゆ草が紫色の花を咲かせています。本堂に集まって、般若心経をお唱えした後、席に戻り、塗香(ずこう)で身を清めてから、紙に向かいます。お粥膳をいただきながら、最近見た映画、画家熊谷守一さんの晩年のある一日を映した『モリのいる場所』の紹介をさせていただきました。山崎努さん扮する守一さんと、樹木希林さん扮する奥様の醸し出す夫婦の姿が、何とも言えないのです。お勧めです。

振り返りを読むと、昨年の6月の会でも、やはり隣の家まで伸びすぎた庭の竹を切るのに苦労しつつ、しっかり筍をすまし汁にして旬の恵みをいただいていて、なんだかおかしくなりました。この何気ない日常が、大変のようでいて、得難い幸せなのだと感じます。ひなた蔵を、9月に芸工大主催の祭典“みちのおくビエンナーレ”で、映画の会場として使っていただくことになりました。今回は、その芸工大の事務局の方も初参加下さり、にぎやかな会になりました。

6-3.jpg

 

6-4.jpg

(お膳の左上から時計回りで)

 ・天麩羅の盛合せ

 (枝豆・とうもろこし・舞茸)としし唐の素揚げ

 ・蒸しナスの香味のせ(大葉・みょうが)

 ・(お膳の外)しおでのお浸し

 ・わらびの生姜醤油漬けと

 たくわんと麦みそ漬けたくわん

 ・振り筍と結び昆布ののすまし汁

 ・お粥

 

お浸しにしたのは“山菜の王様の”名にふさわしい「しおで」。すまし汁の振り筍は、八幡神社の裏で採った地ものです!

オレンジ色の麦みそ漬けたくわんは、Tさんからの差入れです。ご馳走様でした。

 

page-top