お知らせ

般若心経写経の会 2018.7

2018.07.21

西日本は大雨の被害による影響がまだまだ深刻な状況ですが、山形は空梅雨のまま盛夏が来たようです。床の間には、今の季節にふさわしい「波」の掛け軸を。

7-2.jpg

お盆まで、ちょうど1ヶ月となり、今年も本堂脇の位牌堂に、大きな盆提灯を飾りました。提灯の灯りは、ご先祖様があの世からこの世に迷わずに帰ってくるための目印になるものですから、大きいほうがよいに違いありません。

7-1.jpg

 写経の後のお粥膳は、夏野菜づくし。前日、米沢のお客様がわざわざ店にお立ち寄り下さって、自家栽培のお米と味噌を阿弥陀様にとお供え下さいましたので、今回早速お粥と田楽にして皆でご馳走になりました。

長谷川義史さんの絵本「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」や、それにちなんで作った「積み木の家系図」も披露させていただきました。

7-4 (1024x779).jpg

自分の命は、それはもう到底数えきれないほどたくさんの命のつながりからできているのだということ。当たり前すぎて、つい頭から遠のいてしまうけれど、よく考えると今の自分があることは、奇跡のようなことなのです。

(お膳の左上から時計回りで)

・高野豆腐の生湯葉&大葉挟みフライ

・フルーツトマト

・焼き丸茄子の田楽

・豆腐とまいたけのすまし汁

・たくわんとちび胡瓜の塩麹漬け

・お粥

7-3.jpg

*お粥の上にのっているのは、Aさんお手製の「切り梅」。硬い青梅を種から外して刻み、赤しそと混ぜて、塩と砂糖で漬けたもの。夏のお粥のトッピングに、絶妙な美味しさでした。

page-top