お知らせ

納入実例金仏壇 山形市K様

2017.10.30

この度お仏壇を納めさせていただいたお客様です。
仏壇を納めたのち、お茶をごちそうになっているとこんなエピソードが飛び出しました。

前日に娘さんの夢に亡くなったおじいちゃんがでてきて、「じゃ、そろそろ行くから。」と言ったんだそうです。確かに数日の後四十九日が控えていました。
それを聞いた時びっくりしましたが、よく考えてみるとおじいちゃんが行く先の仏壇を納めさせていただいたんだなと改めて思い、そう言ってくれたんだからおじいちゃんのお眼鏡にかなう仏壇だったんだと安心しました。なんだか妙に自信がわいてくるような気分でした。

このような話はたまにあったように思います。でも、それが真実かそうでないかは重要ではなくて、ただ、そういったことがあったということを大事にしたいなと思いました。
信仰の核心とは案外このようなことなのかもしれないなあと思った次第です。

fb.jpeg (2017.9.12)

 

 

page-top