今年の冬は大雪で読者のみなさんも辟易(へきえき)されたことでしょう。それだけに待ち遠しかった春。春といえばお花見ですね。

花見

 お花見の歴史は古く、もとは穢(けが)れを祓(はら)ったり春の豊作を祈ったりするための儀式で、山の神様に捧げるお酒を持ち寄って宴を催していたのが起源とか。それが奈良時代に入って宮中などで花を愛でながら詩歌(しいか)を詠む遊びへと変わっていったそうです。
 お花見といえば今では桜ですが、実は奈良時代以前はお花見といえば中国から伝来したばかりの梅で、桜に変わったのは平安時代以降のことです。
 お花見の風習が庶民に広まったのは江戸時代からとされます。3代将軍の家光が奈良の吉野山から上野に桜を移植させたほか、8代将軍の吉宗も桜の植樹を奨励したことなどもあって桜の名所が増え、人気の行楽行事になっていきました。

 

(長門屋店主 笹林 修)

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)