7月の代表的な行事に五節句のひとつ「七夕」があります。織姫と彦星のロマンティックなお話や、笹に短冊を掲げることは皆さんよくご存知だと思います。
 
 調べてみて初めて知ったのですが、7月7日の七夕に「そうめん」を食べるという風習があるとか。3月3日にはあられ、5月5日には柏餅を食べるのと同じ習わしのようです。その由来は中国の故事によるもので、平安時代の書物に「そうめんを食べると大病にかからない」と記されていて宮中から一般に普及したようです。つまり千年以上も前からの風習というわけです。
 節句には旬のものを食べて無病息災を願う意味がありますが、これほど長く続いているのは日本人の生活に合っているからなのかもしれません。
 ちなみに全国乾麺協同組合連合会ではこうした伝統から7月7日をそうめんの日と定めているそうです。
 (長門屋店主 笹林 修)
たなばた

 

Facebook

イベントカレンダー
2017年9月»
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • イベント
  • フェア―
タグクラウド
アーカイブ

20140205150226_00001 (1024x684)