お知らせ

般若心経写経の会 2019.11.16

2019.12.08

1.jpg

2.jpgおまいりした後、塗香(ずこう)で身を清め、般若心経を写します。

3.jpg

隣のひなた蔵に移動して、朱色のお膳にお粥やおかずを盛りつけます。合掌して、「食前観」を唱えます。“吾れいま幸いにして、仏祖の加護と衆生の恩恵によってこの清き食を受く。つつしんで食の由来をたづねて味の濃淡を問わず其の功徳を念じて品の多少をえらばじ。「いただきます」”

紅葉の庭を通って、当寺を訪ねてくださった9名の皆様。食後に、写経で感じたことを伺いました。

 ・書くのは大変でしたが、終わった後は達成感がありました。日頃ストレスがたまる中で、時間を見つけお金をかけて、こういう会に参加するのは大切なことだと思いました。

・前から一度写経をしてみたいと思っていました。一文字書くにつれて、自分の世界に入っては戻り、入っては戻るところが、日常生活と同じだと思いました。もうちょっとで終わるという時は、悲しいような気持ちも出てきて、いろいろな感情が押し寄せるものだと知りました。

・数年前にケガをして、正座がしづらくなりました。ケガによってあきらめていることもあるのですが、今回は正座イスを使ってもいいということで挑戦してみました。書く中では雑念も入ってきましたが、気持ちを込めて書きました。

 一見、写経は「静」ですが、心のうちは「動」。その自分の気持ちをそのまま受け止めて感じることが、普段の生活の中ではできない写経の醍醐味なのかもしれません。ご参加ありがとうございました。

4.jpg

(向かって左手前から左回りで)

・お粥

・白菜といろいろキノコのスープ

・レンコンとひじきの炒め煮

・たくあん、白菜と胡瓜の塩もみ

・かぼちゃのコロッケ

・蒸しブロッコリーと京人参の白胡麻塩かけ

 ・三色団子のあんこのせ

般若心経写経の会 2019.11.9

2019.11.26

東京の皇居前広場では夕方から、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が行われようとしており、翌日は「披露パレード」を控えていたこの日。庭の紅葉は日一日と赤くなり、秋が一段と深まってきています。お堂でのお参りの後、皆さんと眺めた床の間の掛け軸は、色づいた紅葉の葉っぱが描かれたまさに今にふさわしい尾形乾山筆のものでした。

11-1.jpg

11-2.jpg

世の中は特別な日ですが、蔵の中ではいつものように静かな写経の時間が流れました。

食事の後の近況報告では、なかなか元気の出ない時は「難解クロスワードパズル」に取り組んでいるのだという方や、体調がゆっくりと回復し最近ようやく光が見えてきたという方、心配したお母様の手術が無事に終わったばかりの方など、一見明るく変わりなく見えるお一人お一人のお話しの中に日常が垣間見られました。いつも元気でいたくてもそうでない時があるのが人生。そういう時こそこの場に集い、一文字一文字想いを込めて写経をし、食をともにし、日常を吐露しお喋りする時間が、前に進む何かしらの力になっていたらと思います。

11-3.jpg

11-5.jpg

(お膳の右側から時計回りで)

・レンコンとひじきの炒め煮

・白菜といろいろキノコのスープ

・お粥

・かぼちゃのコロッケ

・蒸しブロッコリーと京人参の

白胡麻塩かけ

・(お膳外)

・たくあん、赤かぶ漬け

・三色団子のあんこのせ

・天童の腰掛庵さんのわらび餅

(↑AさんとTさんからの差入れ)

毎月第2土曜日 午前10時~

今後の予定 12月 14日(土)・1月 11日(土)

般若心経写経の会 2019.10

2019.11.26

10月の写経の会は三連休というのに、台風が刻々近づいており、山形でも既に15時以降は電車の運休が決まっているという落ち着かない心持ちで迎えたこの日でした。それにもかかわらず多くの皆さんに予定通り参加していただき感謝申し上げます。

10-1.jpg

10-3.jpg

お膳には、頂き物を沢山使わせていただきました。初参加の方が、様々な旬の味に「何を食べても栄養になるみたい。」とささやいてくださり、うれしく思いました。食後の「最近あったいいこと一言回し」で印象に残ったのは、4ヶ月ぶりに参加されたYさんの話でした。秋彼岸と職場の社員旅行の予定が重なったYさん。お彼岸にはお膳をお供えしなくてはいけないし、両親やご主人のおまいりがあるからと、これまでは毎年断っていたそうです。しかし今年は息子さん夫婦に「自分たちがするから任せて。」と背中を押され参加を決意。心配しつつ出かけて戻ったところ、しっかりと代わりを務めてくれた上に、頼んでいかなかったお花まで取り換えてくれていたそう。「これからお仏壇のことは、自分一人だけの仕事にせず、任せるところは任せていきたい。」と笑顔で話してくださいました。ずっとYさんの背中を見てきた息子さんたちに、自然に伝わっていたんですね。

10-4.jpg

(お膳の右側から時計回りで)

・レンコンと舞茸のきんぴら

・紅もって菊と海苔のショウガ醤油和え

・なめこと豆腐のお味噌汁

・お粥

・たくあん・胡瓜と大根の塩こうじ漬け

・おろのき大根葉と大根のかき揚げ(Iさんの差し入れ)

・里芋の菊花散らしあんかけ

・(お膳外)・イチジクの赤ワイン煮(Oさんの差し入れ)・巨峯とシャインマスカット

毎月第2土曜日 午前10時~

今後の予定 11月 9日(土)・12月 14日(土)

般若心経写経の会<体験企画>のお知らせ【11月16日】

2019.10.07

長門屋敷地奥の「慈光明院」で毎月開催している「般若心経写経の会」ですが、11月16日(土)に体験会を開催することになりましたのでそのお知らせです。

体験内容は定期開催の写経会と同様です。長門屋の店舗で受付の後、敷地奥の慈光明院に移動します。そちらでおまいりの後、写経を行います。その後は隣接するお蔵「ひたな蔵」に移動し、お粥のお膳をいただきます。

67c2ad402a9230e38a8c125fd7b8c953_f192.jpg home_con06_p02.jpg  1-2.jpg
店舗奥の庭 慈光明院 ひなた蔵
5c650a8b55eca97b2b2a81824d34a138_f417.jpg d3d787fcb4878e402e186d692f68d354_f470.jpg
慈光明院にて 朱塗りのお粥膳

日常からちょっと離れて、心静かな時間を過ごしてみませんか?少し難しそうに感じるかもしれませんが、お手本を上からなぞり書くことが写経です。やってみると新鮮な世界に出会うことができます。今回の体験会は、まずは1度体験してみたい、という方におすすめです。どうぞお気軽に下記までお申込み、お問合せください。(お申し込み締め切りは11/13です。締め切り前に定員に達した場合はお申込みいただけないことがあります。あらかじめご了承ください)

とき 2019年11月16日(土)
じかん 10時~13時ころまで
ところ 山形市七日町1-4-12 慈光明院
  (長門屋の敷地奥です。受付は長門屋まで)
持ち物 珠数
定員 15名
参加費 1,800円(冬季暖房費300円含む)
主催 慈光明院 和の文化をたのしむ会
お申込み・お問合せ 長門屋 023-622-2204(山口・笹林)
※駐車場は近隣の有料駐車場をご利用ください。

 「慈光明院」とは…信仰心のあつい長門屋初代店主が開基した天台宗のお寺です。土蔵を改装した本堂は山形仏壇の職人が岩手県中尊寺を模して手掛けました。ご本尊は阿弥陀如来様(県指定有形文化財)です。

「ひなた蔵」とは…漆器の行商からはじまった長門屋は、やがて同じ漆の技術を使ってお仏壇を扱うようになるのですが、漆器類をおさめていたお蔵です。近年リノベーションし、人が集えるスペースに生まれ変わりました。アーティストの方の展示会や演奏会などイベントスペースとして貸し出しを行っているほかに、慈光明院所蔵のおひな様を飾ることもあります。

 

般若心経写経の会 2019.7

2019.07.29

夏の太陽の光が、そろそろ恋しくなってきたこの頃。梅雨明けまで、あと少しです。今回は、初参加の方2人を迎えて13名での写経の会でした。いつものように朱塗りの器に入った「塗香」を手にとり体を丁寧に清めてから、写経が始まりました。

7-1.jpg

7-2.jpg

 写経の後、移動したひなた蔵でのお膳は、今年もお手製の「切梅」を差し入れてくださった方がいらして、さわやかな「梅粥」をいただくことが出来ました。

食後には、お一人ずつ「最近あったいいこと」を話していただきました。

近所の方から、社会人の息子さんのことを「いつもにこにこ挨拶してくれるのよ」とほめられ、「まさか、どこか他の息子のことでは?」と半信半疑で当の息子さんに聞いてみたところ「挨拶は基本でしょ」と一言。それ以来、なんだか心が明るい気持ちになっているのだそうです。また、Iさんは以前住んでいた長野の町をしばらくぶりにご家族で訪ねたそうです。約束なしの飛び込みにもかかわらず、当時の知人に会えた上、おやきなど長野の郷土料理でたいそうなおもてなしを受けたのだそうです。聞いている私も、ドラマチックな展開に興味津々でした。テレビや新聞では悲しくなるニュースも多いこの頃ですが、こうして月に1度の写経で、一緒にご飯をいただき、このようなお話が聞けることを大変ありがたく思います。

7-3.jpg

(お膳の右側から時計回りで)

・冷や汁(ほうれん草・もやし・高野豆腐・人参・干し椎茸)

・胡瓜の塩麹漬け・たくあん

・トウキビともちあわのスープ

・お粥(差し入れの「切梅」が乗っています)

・揚げ出し豆腐と揚げ夏野菜の出し浸し)

・(お膳外)ベジタリアンカスタードプリンのさくらんぼのせ

毎月第2土曜日 午前10時~

今後の予定 8月.9月はお休みです。

10月 12日(土)から再開します。

page-top