お知らせ

般若心経写経の会 2019.2

2019.02.20

ぴりっとした寒さの如月の朝、初参加の方3名を迎えての写経の会でした。先月と今月の写経の合間に企画した「夕深さんのじぞう文字展」においでになった方も参加くださり、新たなご縁を嬉しく思います。

2-1.jpg

展示会の際、夕深さんが、「人間は、どうしても目に見える世界ばかり気にしてしまいますが、実は世の中は、目に見えない世界も同時に存在しています。人とのご縁というのは、人の意思だけでどうにかなるものではなく、目に見えない計らいが働いているのです。そのことが腑に落ちると、見える世界だけで右往左往せずに、もっと大きな気持ちで物事をとらえることが出来るようになるんですよ。」と、お話しくださったのがずっと心に残っています。

そんな視点で眺めてみると、「写経」という“静”の時間と、そのあとのひなた蔵での食事までの“動”の時間を共にして交流する、一期一会のひと時を毎月重ねられていることは、大きな大きな働きによるものなのかもしれません。

2-2.jpg

2-3.jpg

(お膳の左側から時計回りで)

・手作りがんも(豆腐・きくらげ、銀杏、人参、山芋)

・塩蒸し白菜と菜の花と人参の豆乳マヨネーズがけ

・けんちん汁(ごぼう、人参、コンニャク、椎茸)

・たくあんとやたら漬

・お粥

・きなこと黒蜜の豆腐プリン

毎月第2土曜日 午前10時~

今後の予定 3月 9日(土)、4月 13日(土)



般若心経写経の会 2019.1

2019.02.20

1-1.jpg

阿弥陀様の前で般若心経をあげた後、席について写経をする前に必ず使うもの、これが「塗香」です。

塗る香りと書いて「ずこう」と読みます。天然香木が原料で、それを細かい粒子にしたものなので、そのまま身体に塗って使えるお香です。お香というと、線香のように火をつけて香らせるイメージがあると思いますが、粉末そのものが香るので、火を使わずに香りを楽しめます。清めの塩と同じような意味がある塗香ですが、その浄化の効果は塩の数十倍にもなるのだとか。塗香の主な原料は白檀・丁子(クローブ)・桂皮(シナモン)・竜脳などで、東洋的で、甘く清涼感のあるなんとも奥深い、いい香りがします。

 作法としては

  1. 右手の親指と人差し指でひとつまみとって左手に受けます。
  2. 指の先にほんの少しつけて口に含みます。
  3. 次に左手の上に右手をのせて両手をすりあわせ、手首や手の甲にも塗り広げます。
  4. 最後は両手で胸の上(服の上)に当てます。

という流れ。

「身口意」を清めるという意味があり、口に含むと龍角散のような味がします。

写経の時だけでなく、ストレスが溜まっている時や、気の流れが滞っていると感じる時など、心身の浄化のために使ってみるのもおすすめです。

1-2.jpg

(お膳の左側から時計回りで)

・こんにゃく田楽

・ふるまい蕪の千枚漬け

(1月10日の初市でふるまわれた大かぶ。

「株がますます大きくなるように。」との願いが込められた縁起ものです。)

・干しシイタケと厚揚げと根菜の含め煮

・納豆汁

・たくあんと寒風菜

・餅入り小豆がゆ

毎月第2土曜日 午前10時~

今後の予定 2月 9日(土)、3月 9日(土)

平成31年2月・3月 ひなた蔵のおひな様展のお知らせ

2019.02.12

今年も期間限定で下記の4日間おひな様展を開催いたします。一年ぶりに箱から出てきた、能の演目に由来したものや、江戸時代頃のおひな様がお越しをお待ちしております。どうぞご都合をつけて、お出かけください。

DSC_0911 (1024x678).jpg

DSC_0936 (1024x678).jpg

とき 2/23(土)~2/24(日)、3/11(月)~3/12(火)
ところ 長門屋敷地奥「ひなた蔵」
入場料 維持管理のため300円の協力金をお願いいたします

誠に申し訳ありませんが、おひな様展へお車でお越しの際は、近隣駐車場をご利用ください。

DSC_0948 (1024x662).jpg 長門屋敷地奥にある「ひなた蔵」は古いお蔵をリノベーションし、人が集えるスペースに。ビエンナーレの会場にもなりました。

【じぞうもじ展】たくさんのご来場ありがとうございました

2019.01.23

平成31年1月19日・20日と開催いたしました、書家の夕深さんのじぞうもじ展。
たくさんのご来場、ご参加、誠にありがとうございました。

お話会「文字の中に見る心のやすらぎと生きるチカラ」は、展示会場であるひなた蔵に隣接する寺院「慈光明院」で行われ、お堂の中いっぱいにみなさんご参加くださいました。

教えていただいた漢字のひとつに「眼」がありました。「人からどう見られるか気にして人に合わせる生き方ではなく、自分がどうありたいかが大切」というお話しが印象に残りました。

夕深さんのお話を聞いた後は、知っていたはずの漢字が、意味を持って心に響いてきて、文字通りに生きる知恵と力をいただきました。

夕深さん、二日間大変お世話になりました。多くの方に感動と喜びを与えていただきました。ご縁によって、場が生かされるとは、こういうことだと実感いたしました。ありがとうございました。

50654656_2767983706760951_3658104142280261632_n.jpg

50586662_2767983783427610_6772309775272116224_n.jpg

50294428_2767983700094285_6592548677921800192_n.jpg

50554393_2767983780094277_8200096984820875264_n.jpg 

fb.jpeg(2019.1.21)

書家夕深さんの【じぞうもじ展】1/20まで

2019.01.19

書家の夕深さんの【じぞうもじ展】が1月19日(土)より長門屋ひなた蔵にてスタートいたしました。

IMG_0216 (1024x766).jpg

ひなた蔵は長門屋の敷地奥にございます。店舗東側の山門からお進みください。ひなた蔵の看板が目印です。ご不明の際には、店舗内のスタッフにどうぞお気軽にお問合せください。IMG_0218 (1024x913).jpg

IMG_0220 (1024x747).jpgひなた蔵いっぱいに、じぞうもじが展示されています。購入することもできます。

IMG_0221 (1024x752).jpg豊富な種類のポストカードサイズのじぞうもじ。好きな言葉や名前の一文字など、お気に入りを探すのが楽しいです。

IMG_0225 (1024x742).jpg

IMG_0229 (1024x768).jpg

IMG_0235 (1024x768) (2).jpgフレーム入りのものもあり、サイズも様々。

IMG_0231 (1024x937).jpg

カレンダーは壁掛用と卓上用がございます。

IMG_0233 (1024x714).jpgなんと、手書きもして下さいます。

 

書家夕深さんの「じぞうもじ展」は、

平成31年1月19日(土)~20日(日) 10時~17時

展示会販売会への入場は無料です。

期間内、1月20日(日)14時~15時

お話会「文字の中に見る心のやすらぎと生きるチカラ」は有料¥500で事前予約が必要です。

page-top