お知らせ

般若心経写経の会 2018.12①

2019.01.11

12-3.jpg初参加のSさんは、数日前に長門屋の店頭で「写経の会」の案内を見つけ、一晩考えてお申し込み下さいました。「何度も前を通っているのに、今まで全然気が付かなかった」とおっしゃいます。縁がつながるということは、不思議ですがそういうことなのかもしれません。これまで奈良の薬師寺でニ度、写経体験をされ、山形でも写経ができる場所を探していたのだそうです。始めに“般若心経”を声に出してお唱えしてから写経をしたことで、「以前の体験とは違い、写す文字の一つ一つが頭に入ってきた」と話してくださいました。

11月に北陸の永平寺や東尋坊を旅した方や、奈良の吉野を旅した方がいらして、食事の時にワクワクしながらそのお土産話を伺いました。写経の後のひと時が、交流の場になっているのが私たちもうれしいです。

12-4.jpg

(お膳の左側から時計回りで)

 ・悪戸芋煮のゆずみそ掛け

・芋茎と油揚げと白滝の炒め煮

・アスパラ菜の白ごまあえ

・たくあんとおみ漬け

・なめこと豆腐とセリの味噌汁

・がんもと結び昆布と結びこんにゃくの煮物

・お粥

今月の写経の会は、当方の日にちの案内が間違っていたため、12/8と12/15の2週連続で開催することになってしまいました。今年最後の会に、皆での顔合わせが出来なかったことを、深くお詫び申し上げます。

 

page-top