お知らせ

般若心経写経の会 2018.12②

2019.01.11

当方のうっかりのため、同月2回目の写経の会を15日に行いました。

13-2.jpg

床の間の掛け軸は、与謝蕪村筆の「雪中飛鴉図(せっちゅうひがず)」(慈光明院 所蔵)。蕪村は、鴉(からす)をモチーフにした作品を多く残しています。これもその一つで、雲間から光が射し雪が舞う、やや明るい雪空を行く二羽の鴉を描いたものだそうです。

13-1.jpg

この朝、地面にうっすらと雪が積もり、とうとう山形にも白い冬が訪れました。今年も小さな庭の季節の移り変わりを楽しみながら、折々の献立を考え、多くの方をお迎えし、この場を重ねてくることが出来ました。

13-4.jpg

(お膳の左側から時計回りで)

・かぼちゃ豆腐

・たくあんと寒風菜

・ごぼうと人参とヤーコンのきんぴら

・干し柿入りなます

・すりおろしレンコン入り袋煮と季節野菜の煮物

・えのきと三つ葉のすまし汁

・お粥

献立に彩りを添えた「かぼちゃ豆腐」のレシピを、ご紹介します。

かぼちゃ豆腐(流し缶1個分)

 (材料)

*かぼちゃ(正味) 100g(蒸かして皮をむき、裏ごし)

*昆布だし     100ml

*豆乳       200ml

*吉野葛      25g(すりこ木で細かくつぶす)

*塩        小さじ1/2

(作り方

①    葛に昆布だし、豆乳を少しずつ入れて混ぜ合わせる。

②    かぼちゃを目の細かい網で漉し、塩を入れる。

③    鍋に入れ、火にかけて練る。

④    濡らした流し缶に入れ、粗熱が取れたら、冷やし固める。.

*  食べる際に、電子レンジで温めると更においしく召し上がれます。

 

写経は毎月第2土曜日 午前10時~

今後の予定 1月12日(土)・2月9日(土)

page-top