お知らせ

マイタウンあさひVol.227 長門屋コラム第4回

2019.10.06

9月30日発行のマイタウンあさひにて、長門屋のコラム連載第4回目が掲載されました。今回は、「珠数を持つということ」について。珠数のはじまりから現在の使い方について。葬儀や法事以外にもお持ちいただきたい珠数についてお話ししております。「マイタウンあさひ」は毎月30日に朝日新聞に折り込まれます。

20191006145917_00001 (1024x346).jpg

【祈りのある暮らし④ 珠数を持つということ】

珠数は、葬儀や法事に必要な持ち物として認識している方がほとんどではないでしょうか。持つきっかけは、ご自身で求めるほか、親御さんから成人や結婚のお祝いにいただく方が多いかと思います。珠数のはじまりはインドにあるといわれています。もともとは木や草の実をつなぎ合わせ、何度念仏を唱えたかを数えるための道具だったそうです。現在の珠数の素材は、菩提樹などの木の実から石や珊瑚、化石までさまざまで、木のものであれば、使うほど手になじみ、色ツヤが生まれます。正式なものの玉の数は108つ。この数は、大みそかの夜につく除夜の鐘でも知られるように、人間の煩悩の数です。珠数をよく見ると、大きい玉や小さい玉が混じっているのがわかります。玉の1つずつが108つの煩悩を司る仏さまであるとされ、人間のあらゆる煩悩を珠数が引き受けてくれるとされています。昔から「珠数はお守り」と言われるのは、玉には常に仏さまが宿っており、私たちを守って下さると考えられているからです。また天然石には、石そのものにも力が宿っています。例えば「翡翠(ひすい)」はストレスを解消する癒しの力を持ち、「水晶」は、邪気を祓い浄化する働きがあります。そう考えてみると、葬儀の前に慌てて珠数を求めるのではなく、大切な一生モノとして時間のある時にゆっくり選んでほしいと思うのです。お悔やみのシーンだけでなく、巡礼まいりや、旅行や、試験の時など、大切な時のお守りとしても一緒にお持ちください。(代表 笹林陽子)

あどつぁまNo.30 令和元年9月刊行

2019.09.24

あどつぁまNo.30刊行いたしました。お墓を建立された山形市の岩井様ご夫婦に「お墓づくりのこだわり」などインタビューさせていただきました。また、山形大学の学生さんがインターンシップで長門屋職業体験をされたこと、出張お仏壇掃除のエピソード、といった内容となっております。

omote.jpg

ura.jpg

河北新報さんにご紹介いただきました「お仏壇のお仕立て直しサービス」

2019.09.07

20190907115047_00001 - コピー (423x1024).jpg

令和元年8月14日の河北新報にて、長門屋の「お仏壇のお仕立て直しサービス」をご紹介いただきました。

ライフスタイルの変化でお仏壇の引き継ぎ方に悩む方へ、「古いお仏壇の修復」「小さなサイズへの作り替え」「新しいお仏壇への買替と仏具の磨き直し」などの選択肢をご提案します。お気軽にお問い合わせください。

9/9 19時~放送【YTSスペシャル ぶらりちまたで再発見!】にて長門屋をご紹介いただきました

2019.09.03

下記番組で、長門屋をご紹介いただきました。

2019年9月9日 19時 放送 ぶらりちまたで再発見!~粋人なぎら健壱が県都・山形を歩く~

番組では、なぎら健壱さんが山形市十日町から七日町にかけてまち歩き。最上義光公や初代県令三島通庸氏が築いたまちの痕跡をたどります。江戸時代に城下町山形の繁栄を支えた紅花商人の末裔をはじめ、各時代のエピソードを語る重要人物のお話を伺いながら様々な痕跡に出会い、まちの新たな魅力や歴史文化を再発見していきます。ツアーやガイドブックにはない、地元の知られざる魅力が満載です。

 

マイタウンあさひVol.226 長門屋コラム第3回

2019.08.30

8月30日発行のマイタウンあさひにて、長門屋のコラム連載第3回目が掲載されました。今回は、「お仏壇の受け継ぎ方」ついて。お仏壇を受け継ぐということは、「物の受け継ぎ」には収まらない、「想いを受け継ぐ」とお考えの方が少なくことを、お客様とのお話の中で日々感じます。お仏壇が古くなってしまった、住まいに対して大きい、デザインが生活スタイルに合わない……様々なお悩みに対して、お答えします。「マイタウンあさひ」は毎月30日に朝日新聞に折り込まれます。

20190830143901_00001 (1024x347).jpg

【祈りのある暮らし③ 想いをつなぐお仏壇】

お店には日々、様々なご相談が寄せられます。昨今では、核家族化が進み、和室や床の間がないなど、生活スタイルに大きな変化が起こっています。親世代からのお仏壇を次世代へ受け継いでいくことの難しさを感じている方も増えています。「仏壇や仏具を受け継ぐことはそのモノに込められた〈想い〉を受け継ぐことでもある」そう考える人も少なく無く、「お仏壇」を「単なるモノ」だと考えていないが故に、その対応に悩んでしまうのではないでしょうか。実家のお仏壇が古くなってしまった、大きすぎて物理的に受け継ぐことができない、現在の生活に合わないなどのご相談が寄せられる中で、お仏壇をさまざまな形で受け継いでいく選択肢があることを知らない方が多いことも分かってきました。お仏壇を「買い替える」「処分する」以外にも、お仏壇の痛みやくすみを修復し綺麗にする、大きなお仏壇を小さくリメイクする、元のお仏壇の一部を生かして生活道具やインテリアに作り変えるなど、お仏壇のこれからを考え、生活や事情に合わせた提案をさせていただいています。お客様の中には、美しい蒔絵が描かれた江戸時代からのお仏壇の扉を〈屏風〉に仕立て直して受け継がれた方もいらっしゃいました。お仏壇、お位牌、過去帳…そこにはそれまでのご家族の物語が重なっています。親世代から自分、自分から次世代へと、時には生活変化に合わせ姿かたちを変えながら、未来に向けて一緒に〈想い〉をつないでいけたらと思っています。(長門屋代表 笹林陽子)

page-top