お知らせ

マイタウンあさひVol.229 長門屋コラム第6回

2019.12.08

11月30日発行のマイタウンあさひにて、長門屋のコラム連載第6回目が掲載されました。今回は、「お膳のお供え」について。仏さまにお膳を用意する暮らしについてお話ししております。「マイタウンあさひ」は毎月30日に朝日新聞に折り込まれます。

20191208102258_00001 (1024x350).jpg

【お膳のお供え】

仏さまやご先祖さまのためにお供えするお膳は、お花やお線香と同じように、料理でおもてなしすることで感謝と供養の気持ちを表す大切なものです。「毎朝、煮物とお浸し、漬物、味噌汁、ご飯を供え、七日ごとには無縁仏のお膳も用意…と、母の成仏を応援する儀式を四十九日やり終えた、なんとも言えない達成感」とは、お母様を見送ったある女性のお客様のことば。ご両親がお元気だったほんの一年前までは、毎日の暮らしの中に、お仏壇もおまいりもなかったといいます。「自分ながら、普段からやりつけているとは言えない煮物作りまで毎日よくやった」とおっしゃり、不謹慎ながらそのお顔は晴れがましくも感じられました。ある八十代の女性のお客様も、長年連れ添った旦那さまに先立たれて以来、毎朝お膳にお料理をお供えされていました。「でも、年を取って忘れっぽくなり、つい自分だけ先にご飯を食べてしまい、そんな時は『おじいちゃんごめん』と言いながら後からお膳をあげるんだよ」とおっしゃるのです。この方にとってはお仏壇があることで旦那さまと話ができて、一人でも億劫にならずにご飯を作って、実はそのことで毎日元気をもらっているのだと思いました。心を込めてお膳の料理をこしらえる時間は、大切な人と向き合う時間。大変なようでいて、「することがあること」が前に進む助けになる。仏さまに供えたお膳は、やがてお下がりとなって自分の心とからだの栄養となり、生きる人を守ってくれる。たくさんの人の暮らしの中に、静かな祈りの風景があります。(代表 笹林陽子)

マイタウンあさひVol.228 長門屋コラム第5回

2019.11.15

10月30日発行のマイタウンあさひにて、長門屋のコラム連載第5回目が掲載されました。今回は、「お仏壇という存在」について。お仏壇のある暮らしついてお話ししております。「マイタウンあさひ」は毎月30日に朝日新聞に折り込まれます。

20191115110053_00001.jpg

【お仏壇という存在】

何かいただきものをした時やお花や野菜が取れた時…日本人は昔から、自分たちがいただく前にまずお仏壇にあげることで、目には見えないものへの感謝の心を表してきました。ご縁があって、山形のお寺にお墓を建てた東京在住の女性のお客様からこんな話を伺いました。 朝一番に、お仏壇に手を合わせる。お花を供え、お茶を供える。お仏壇があるからこそ、目には見えないものに手を合わせ、謙虚な気持ちで一日のスタートが切れる。人はつい自分のことばかりに目を向けがちになってしまうけれど、お仏壇があることで暮らしにもっと大事なものができる。「仏さまにあげるんだから」と、自分が飲むよりもっといいお茶っ葉を用意してみたり、もっと丁寧に淹れてみたり。お花にも心が向いて、お供えしたお花が萎れてきたら、短く切ってきれいなお花を残し、別の花びんに飾ってみたり。はじめは「仏さまのため」だったのに、いつの間にか家の中にいつもお花があって、自分がおいしいお茶をいただいている。「これが、目には見えないお仏壇の力なのよ」。そして「こういうことが、お仏壇にご縁のない方にも伝えられたらいいですね」とお話してくださいました。お仏壇という存在は本来、単に供養の場や誰かが亡くなったら必要になるものではないのだと思います。これからを生きていく人が、避けては通れない身近な人の「死」を乗り越え、よりよく生きていくために継承されてきた「先人の知恵」なのかもしれません。(代表 笹林陽子)

台風19号で被災したお仏壇の修復ご依頼

2019.11.11

先日の台風19号で浸水被害のあったお客様へ会いに行ってきました。丸森町へ到着し、お仏壇を救出です。
私たちはこういう側面から災害復興に役立っていきたいと思います!

77132860_2537943949622290_2680963584535560192_o.jpg

76747395_2537944536288898_459495663118319616_o.jpgfb.jpeg2019.11.9

【特別開催】守り本尊入りの腕輪珠数づくり講座

2019.10.27

長門屋では不定期開催でさまざまな体験講座を実施しております。この度、お客様から「腕輪珠数づくり講座」の個別開催のご依頼をお受けいたしました。アメリカコロラド州ボルダ―から訪れる友人であるご一家に「日本の文化」を体験して貰いたいとのお客様の思いを受け、生まれ年の干支ごとに違う「守り本尊」入りの腕輪珠数づくり講座です。

1.jpg

長門屋敷地奥のひなた蔵にて、お客様ご家族とアメリカのご家族の計7名での体験講座です。さまざまな石の中からそれぞれが思い思いの石を選んでつなぎ紐に通していきます。さいごに、生まれ年の干支ごとに違う「守り本尊」の玉を通して完成です。アメリカのご家族には生まれ年をお聞きして、一人ひとりの干支と守り本尊をご案内しました。そのなかでも、最年少12歳のマヤちゃんは今年の干支でもある「いのしし年」で年女。「阿弥陀様」の守り本尊を入れて、ミドリやオレンジのやさしい色合いでまとめた腕輪珠数ができました。珠数や干支、守り本尊などの日本文化や仏教文化に触れる講座は、アメリカではなじみが薄い体験だったのではと思います。お客様にとって、日本旅行の楽しい思い出の中の一つになれば幸いです。

3.jpg 2.jpg

マイタウンあさひVol.227 長門屋コラム第4回

2019.10.06

9月30日発行のマイタウンあさひにて、長門屋のコラム連載第4回目が掲載されました。今回は、「珠数を持つということ」について。珠数のはじまりから現在の使い方について。葬儀や法事以外にもお持ちいただきたい珠数についてお話ししております。「マイタウンあさひ」は毎月30日に朝日新聞に折り込まれます。

20191006145917_00001 (1024x346).jpg

【祈りのある暮らし④ 珠数を持つということ】

珠数は、葬儀や法事に必要な持ち物として認識している方がほとんどではないでしょうか。持つきっかけは、ご自身で求めるほか、親御さんから成人や結婚のお祝いにいただく方が多いかと思います。珠数のはじまりはインドにあるといわれています。もともとは木や草の実をつなぎ合わせ、何度念仏を唱えたかを数えるための道具だったそうです。現在の珠数の素材は、菩提樹などの木の実から石や珊瑚、化石までさまざまで、木のものであれば、使うほど手になじみ、色ツヤが生まれます。正式なものの玉の数は108つ。この数は、大みそかの夜につく除夜の鐘でも知られるように、人間の煩悩の数です。珠数をよく見ると、大きい玉や小さい玉が混じっているのがわかります。玉の1つずつが108つの煩悩を司る仏さまであるとされ、人間のあらゆる煩悩を珠数が引き受けてくれるとされています。昔から「珠数はお守り」と言われるのは、玉には常に仏さまが宿っており、私たちを守って下さると考えられているからです。また天然石には、石そのものにも力が宿っています。例えば「翡翠(ひすい)」はストレスを解消する癒しの力を持ち、「水晶」は、邪気を祓い浄化する働きがあります。そう考えてみると、葬儀の前に慌てて珠数を求めるのではなく、大切な一生モノとして時間のある時にゆっくり選んでほしいと思うのです。お悔やみのシーンだけでなく、巡礼まいりや、旅行や、試験の時など、大切な時のお守りとしても一緒にお持ちください。(代表 笹林陽子)

page-top