お知らせ

納入実例 厨子修復 山形市T様

2020.06.09

山形市のT様より、旦那様のご不幸のおりに「お厨子をきれいにしたいのだが、修復する価値があるかどうか見てほしい」との連絡をいただきました。菩提寺にて確認すると、それは今では珍しい「朱塗りのお厨子」でした。朱色は古来より「気高い色」であるとともに、「生命力あふれる色」とされており、お厨子を設えた当時のご先祖様の「未来への並々ならぬ願い」が込められているように感じました。そのことを率直にお伝えすると、T様は修復を依頼してくださいました。

ほかにも、お寺の位牌壇で背の高いお厨子に囲まれ、周囲と比べて背の低いお厨子であることも気になっていたとのことで、この度の修復に併せて、お厨子本体の高さを出すための「増台」も新たに製作することになりました。

修復の打合せには、40代のご子息様も加わってくださいました。ご先祖様から引き継ぐお厨子や仏事のことを次世代に繋ぐお手伝いを我々もしていければと感じました。

お厨子修復前

(お厨子 修復前)

厨子修復後

(お厨子 修復後)

page-top